MEDICAL CHECKUP検診のご案内

当院の検診について

乳がん検診

乳房X線撮影のことです。乳房をはさみ乳腺組織を薄く引き伸ばす。そうすることでより細かい病変を観察できます。 マンモグラフィ検査では小さなしこりや乳がんの初期症状の微細な石灰化を映し出すことができます。
若い人は乳腺組織が濃いので、がん細胞が乳腺にかくれてしまい見落とすことがあります。
(「石灰化」自体は乳がんのことではありませんが、がんから産出される副産物の場合があるため、検診では、乳房内の「石灰化」をさがします)

大動脈瘤検診

胸部・腹部大動脈瘤は、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などが発症に大きく関係することが知られています。
胸部大動脈瘤は健康診断で行われる胸部レントゲン撮影で、腹部大動脈瘤は腹部超音波検査などで発見されることがあります。 

前立腺ドック

前立腺肥大症になると、肥大した前立腺に尿道が圧迫されて、おしっこが出にくい、近い、切れが悪いなどの症状が現れます。40代後半から前立腺の肥大が始まり、70代になると半数以上が前立腺肥大症であるといわれています。
前立腺が大きくなるのは、加齢により男性ホルモンが減ることが影響していると考えられています。
検査は、超音波、採尿、採血、排尿曲線と苦痛を伴わないものです。

ページトップへ