INITIATIVES当院の取り組みと特徴

NTT東日本札幌病院は、2022年に100周年を迎えます

INITIATIVES当院の取り組みと特徴

当院は1922年(大正11年)に、逓信職員の健康管理を目的に開設された札幌逓信診療所を礎とした、100年近くの歴史がある病院です。
札幌の中心部に立地する総合病院として、患者さんが通院しやすく、複数の診療科、豊富な症例や多数の手術実績があります。2018年には手術支援ロボット「Da Vinci Xi」を導入し、前立腺がんなどの泌尿器科領域だけではなく、肺がんや直腸がん、胃がんなど対象疾患も拡大しており、身体的な負担をできるだけ少なくした手術を積極的に行っております。また当院は周産期母子医療センターに指定されており、適切な母体・胎児管理から出産後の新生児治療・管理をしております。きめ細かなケアを行うことで、大切な赤ちゃんのより健やかな成長を手助けしています。さらに当院では地域医療の中心的な専門性の高い病院として病診連携に力をいれており、地域の多くの医療機関と緊密な連携を図っています。
当院はNTT東日本によって運営されており、北海道では早い段階で電子カルテを導入するなどICT化にも取り組んでおります。
私たちは今後も将来にわたって、当院の基本理念である「私たちは患者さんとの信頼関係を大切にし、地域に密着した思いやりのあるより良い医療を行います。」に取り組んでまいります。

ページトップへ