blood transfusion center輸血センター

診療風景

当院の輸血センターについて

輸血療法は、血液中の足りなくなったり、働きが悪くなった様々な成分(赤血球、血小板、凝固因子、及びアルブミンなどの蛋白)を補充する治療法です。大きく分けて自分自身の血液を事前に採血し保存しておき手術中に輸血する自己血輸血と、血液センターなどで献血された他人の血液を輸血する同種血輸血がありますが、それぞれにある一定以上のリスクがあり、それらを検査、及び管理し、安全で適正な輸血療法が行われるようにするのが輸血センターの役割になります。

業務概要

  • 輸血用血液製剤およびアルブミン製剤の一元管理
  • 自己血輸血の管理(採血、製剤、検査)
  • 院内輸血実施状況の把握
  • 輸血副作用発生状況の把握と発生時の対応
  • 輸血前血液の保存
  • 輸血検査の24時間実施
  • 遡及調査対応
  • 輸血関連情報の発信
  • クリオプレシピテート製剤(血液凝固因子濃縮製剤)の院内調整

医師紹介

瀧上 剛
氏名 瀧上 剛 ( たきがみ こう )
役職 部長
専門分野 心臓血管外科全般、血管外科全般
資格 心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医

心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科修練指導医

日本外科学会 指導医

日本胸部外科学会 専門医

日本ステントグラフト実施基準管理委員会

 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医

 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医

難病指定医

医学博士

ページトップへ