Nurse Practitioner Room診療看護師室

診療看護師(NP)とは

 診療看護師(Nurse Practitioner:NP)とは、5年以上の看護師経験を経たのち、大学院修士課程NP養成コースを修了し、日本NP教育大学院協議会が実施するNP資格認定試験に合格した看護師です。
アメリカなど、諸外国では50年以上歴史がある職業で、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年代を対象とし、多くが独立して診療・検査・処方などを行っています。日本ではこれらの権限は認められていませんが、医師や多職種と連携し、一定レベルの診療行為を行うことが可能です。
 診療看護師(NP)は、侵襲性の高い医行為を実施するだけではありません。患者さんをあらゆる側面から全人的に捉えることができるよう、高度な看護実践や病態生理学、薬理学などを学んでおり、医師が不在ですぐ対応できない場合でも患者さんの病状を的確に把握し、タイムリーに必要な検査や処置を実施するだけでなく患者さんやご家族に病状をわかりやすく説明することも重要な役割となっています。
 医療の質、安全性を担保して円滑なチーム医療を提供するために、多職種間のジョイント役となって横断的に活動し、医療・看護の両側面からもたらされる「新しい医療のカタチ」をお届けできることを目標としています。

当院の診療看護師室について

 午前中の一般内科外来、救急搬送患者の受け入れ、入院患者の病状管理や急変対応などを主として行っており、依頼を受けて一部手術や検査の助手、カテーテル挿入等も行います。原則として常に医師らとの密な連携・協働のもと活動しています。
 また、病棟看護師からは栄養管理や人工呼吸器などの呼吸補助デバイスに関する相談を受け、重症化が懸念される患者がいれば、一緒にケアや観察を行うことで異常の早期発見に努めております。 以上のように、当院の診療看護師(NP)は、職種や部署を超えて広く横断的に活動しています。

医師紹介

松浦 弘司
氏名 松浦 弘司 ( まつうら ひろし )
役職 副院長、医療安全管理室室長、入退院・総合相談センター長、がん相談支援センター長、臨床工学室長、診療看護師室室長
専門分野 心臓血管外科全般 (特に、虚血性心疾患、弁膜疾患、 大血管疾患、先天性心疾患)
資格 心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医

日本外科学会 外科専門医・指導医

日本胸部外科学会 心臓血管外科認定医

難病指定医
永井 聡
氏名 永井 聡 ( ながい そう )
役職 糖尿病内分泌内科部長、内分泌疾患センター長、臨床研修センター長、栄養管理室長
専門分野 内科一般、糖尿病、内分泌・代謝
資格 日本内科学会 総合内科専門医

日本糖尿病学会 糖尿病専門医・研修指導医

日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・指導医

日本骨粗鬆症学会 認定医

北海道大学医学部 非常勤講師

難病指定医

医学博士

ページトップへ